ブログ

パテ・ド・カンパーニュ?シャルキュトリー?難しい料理用語を解説|魚バル SAKANAKANA -サカナカナ- 大宮東口店

2020.08.28

こんにちは、魚バル SAKANAKANA -サカナカナ- 大宮東口店 PR担当です。

料理用語が難しくてわからないということがありませんか?特にフランス語やイタリア語での専門用語は、言葉を聞いただけでは、どのようなものかイメージしづらいですよね。

今回は、当店のメニューに登場する、2つの料理用語を紹介します。お食事の際の話のネタとしても、使ってみてくださいね!

 

旨みたっぷり!「パテ・ド・カンパーニュ」

パテ・ド・カンパーニュは、フランスの田舎料理のうちのひとつです。パテは、もともとは挽き肉をパイ生地で包んで焼いたものでしたが、最近ではパイ生地に包まずに成型したものを示すのが一般的です。

カンパーニュという単語とセットになることで、「田舎風のパテ」という意味になります。本場フランスでは、レバーペーストを用いることも良くあります。

当店でも「パテ・ド・カンパーニュ」をご用意しております。お肉の旨みがギュッと凝縮された絶品料理です。そのままおつまみとしてお召し上がりいただくのもOKですが、バゲットを添えてお持ちしますので、バゲットに塗って食べるのもぜひお試しください。

 

当店のシャルキュトリーは4種盛り!

シャルキュトリーは、パテ・ド・カンパーニュよりもさらに耳馴染みの少ない言葉かもしれません。シャルキュトリーもフランスのお料理用語で、ハム・ソーセージ・パテ・テリーヌなどお肉を使った、加工食品全般を意味します。パテ・ド・カンパーニュもシャルキュトリーに含まれるというのが、お分かりいただけるのではないでしょうか。

当店のメニュー「本日のお任せシャルキュトリー」は、4種類を盛り合わせにしています。使うお肉の種類や加工方法によって大きく変わる、お肉の味わいをお楽しみください。食べ比べて、自分好みのシャルキュトリーを見つけてみてくださいね!

当店は日本人が生まれてから当たり前のように食してきた魚と日本の代表である日本酒を新しい食べ方飲み方でお客様の旨いを引き出すお店です。
店内は有名デザイナーが手掛けた癒しの隠れ家空間で皆様をお待ちしております。歓送迎会、飲み会、女子会、合コン、誕生日などのさまざまなシーンでご利用ください。個室は少人数からご利用可能です。
誕生日や記念日などにはサプライズ演出やホールケーキのサービスも行っております。ランチもコースがございますので、ママ友会などにもぜひご利用ください。

皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

※ご来店の際はお電話かホームページで営業日をご確認の上、ご来店いただけます様よろしくお願い申し上げます。

 

Facebookはこちら

電話番号: 050-5269-7427

以上、魚バル SAKANAKANA -サカナカナ- 大宮東口店 PR担当でした!

※記載している内容、コース構成、金額等、実際と異なる場合もございます。詳細は、予約時にご確認ください。

※記事中では一部著作権フリーの画像を使用している場合がございます。

Access -アクセス-

住所:
〒330-0802
埼玉県さいたま市大宮区宮町1丁目47番地
一番ビル 3階
電話:
050-5269-7427
営業時間:
14:00~23:00
アクセス:
大宮駅東口1分
                   
定休日: